2011年12月10日 (土)

すきだということ

たとえば、だれかをすきになるとき

いろんな理由があるだろう

そのひとの魅力を語ればつきない

欠点だと思われるところでさえ、すきになる

すきという気持ちはとんでもないエネルギーだとおもう

恋愛だけに限らず

ほんとうに心からすきになれるひとをみつけることが

難しいのとおなじくらい

人生において心からすきといえるもの、自分の全力をかたむけるに値する

ほどすきなものをみつけることは難しい

そうして、もし心からすきなものをみつけることができたなら、

大切にしないといけない

すきということがどれほど尊い感情か

私は今まで意識したことがなかった。

机の上に散らかった日常のどうでもいいものたちとごちゃまぜにせず

大切にしたい

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

 岡山 Life

ダイエットの逆は何て言うんだか?

本気で9月までに4キロ肥りたい。

私にとって肥ることは痩せることよりはるかに難しい。

とにかく、食べても身にならない。

なぜみんなこぞってダイエットしたがるのか分からない。

女の子は少しポチャっとしてるぐらいの方が可愛いし、魅力的だと思う。

多分自分がガリだから、余計にそう思うのかもしれない。でも、ホントにそう思うのです。

7月末からでやっと二キロ肥れた。後4キロ、頑張る。

ピアノのためにもやはりプラス4キロはほしい。

もう痩せてるとは言わせない。笑

さて、東京と違い、岡山での生活はゆっくりと過ぎる。

セミが早朝4時から鳴き始める。

セミたちは生きることに必死だ。きっと都会暮らしの人は、うるさくて目が覚めるだろう。

虫も容赦なくさしてくる。遊ぶところもあんまりない。でも、心にゆとりが持てる。

山が傍にある。田んぼが広がる。それだけで、癒される。自然の力は偉大だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

ぽつん

ぽつん

ピアノもなくなり

家電もなくなり

後は私だけ。

引っ越しの準備でくたくた


六年間お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

ちょいポジティブな話

私は気分の浮き沈みが結構、激しいです。

何とかこの浮き沈みをなくしたいけれど、こればかりは天気みたいに晴れたり曇ったり。。。

多分、ホルモンバランスも関係しているんでしょう!そうだ、きっとホルモンの性だ!

女の子ならこういった浮き沈み、イライラ、急に泣いたり…に共感してくれるはず。女の子って大変ですー、ホントそう思います。もしもう別の人生をはじめからやり直せるのであれば男に生まれてきたいです。

ところで今日、めちゃくちゃテンション高い方に偶然会いました。とにかくよくしゃべる、感情表現がイタリア人とか外人なみにすごい。オーノー、オーマイゴット!べイベェ!とか言いそう。


その人はいつ会ってもテンションマックスで。(男性なんだけど)いつもあのテンションだったら日常の何気ないことにも、人よりもっと喜びを感じれるだろうし、ある意味幸せだろうなーなんて思いました。というか、うらやましく思いました。人生、音楽をエンジョイしてる感じがして。


感情表現って大事ですね、自分に嘘つかないことも大事だし、楽しいこと、好きなことをマックスで楽しめる、夢中になれる人ってそれだけで才能だと思います。


でも一緒にいると、エネルギー食われそうです。笑

レッスンで楽譜の読み方で大事なことを教わりました。先生に言われた事をざっくり表現すると、曲全体の設計図をはっきり自分の中に描くこと。

更にレベルアップできそうです。


自分で設計図をはっきり描けるようになりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

悲しくなんてない

悲しくない

嬉しくない


でも、泣きたくなる


何かに絶望した訳でもなく、未来に希望を持っている。楽しいことも楽しめる、だから鬱でもない。


私はすごく恵まれてるんだ


でも、とにかく、自分が嫌い


もっと自分を好きになれたら、楽に生きられるだろうか

分からない


いつも、この行き場のない感情に蓋をして見ないふりをしている。でもふとした瞬間に溢れ出す。

嫌い、私なんて大嫌い。いなくなればいいのに。


そう言って自分を責めてしまう。ぶっ壊してしまいたくなる。


今日は練習さぼって早めに眠ろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

ホロヴィッツ①

ホロヴィッツはピアノ弾きがなりたいと思うピアニストベスト3に入る人物だと勝手に想像する。
私もそう思う一人だからではあるが。他の人はどうだろう。

彼の演奏はヤバい。気持ちよく度肝を抜かれる。生で聴くことができたらどんなに幸せか!一度でいいからコンサートで聴いみたかったな。別の時代に生まれてればねー。弾き方も凄い。
やっぱりあの巨体?のおかげか。長身で手も大きい。何より腕が長いのがミソだと思う。腕が長く、きっと重かったはず。

彼は演奏している時、上半身の揺れが殆どない。脇は締めがちだ。普通は脇を締めると、動きが制限されるし、弾きづらいものだ。しかし、弾きづらそうでもない。多分、脇を締めることによって動きを安定させてたのか…あくまで私の考えだが。とにかく彼の指は肩胛骨から生えているといっていい!それぐらいの意識で弾いている。

腕の重さと全神経が指先スイッチへとつながっている。


腕の重さを利用した弾き方+脇を締める事で動きを安定させ+瞬発的にエネルギーを放出させるスピード=雷が落ちる時みたいなズドーンというホロヴィッツの爆音。

そして更にあの打鍵のスピード。


私が見習えることといったら肩胛骨あたりの筋肉を鍛えることかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

コンチェルトの思い出



家の片づけをしていたら、写真を発見


昨年、岡山フィルハーモニック管弦楽団の皆さんと共演した時の

曲はシューマンのピアノコンチェルト

音楽続けててホントよかったと心から思えた瞬間でした。


私、弾いてるとき顔怖い。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

指先


ピアノを弾くとき、あなたは体のどこを一番大切にして弾きますか?

と聞かれたら何と答えるだろう。


指先の意識、これはすごく大切だと思う。一番は脳だけど、その次は指先だと答えるかな。後、耳かな。

実は今、弾き方、指の使い方を変えよう計画を実行中である。


というのも、もっと自分にあった弾き方があるのではないかとずっと悩んでいて。


でも、どう変えていいかわからず、変えようがなかった。しかし、数ヶ月前からだんだんどう変えればいいか、わかってきた。


ただ、やはり今までの癖を正すというか方向転換するのはかなり根気がいる作業で、なかなか思い通りには進まない。

でも、この改造計画が上手く行けば、音楽の色がもっと増えて、前よりいろんな筆を使って描けるようになるんじゃないかという予感。

アルゲリッチさんは、指先の角度をコントロールするとかって前聞いた気がする。


たぶんそれは、指を立てるとか寝かせるとかそういう単純な話ではなく、鍵盤に指先が触れる瞬間の打鍵というよりは触鍵のスピードのことなんだろう。触れるスピードと離すスピード。

アルゲリッチは昔から変わらず好きなピアニスト。ここ一年ぐらいずっと好きなのは、ギレリス。素晴らしすぎる。。


少しでも見習いたい。練習します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)


メルトダウン

やっぱ隠してたんだろうね。東電、政府。。


直ちに健康を害するものではない

とか


燃料棒の殆どは水で満たされておりー…

とか


どっかのお偉い大学を出た、原発推進派かなんだか知らないけど、まだ大丈夫ですよ的な発言してたよねー


マスコミもそれを鵜呑みにしてたんじゃなかろうかね?マスコミって、ホントに痛いところには触れない、リスクは背負いたくないのか…

もう何も信用ならない

私たちは何を信じればいいんだろう

原発の被害にあわれた方達の事を考えると、本当に悲しい。


悔しい。


命がけで原発に立ち向かってくれている現場の方達のことや福島の人のこと、なんだと思ってるんだろう。


その人たちの前で、まだ大丈夫です、放射能の規制値は越えてますけど、大丈夫です。なんて平気で言えないと思う。

これ以上、原発の状態が悪化しないこと、情報が後から後からでないこと、祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

私、女捨ててる?


最近、自分の外見とかどうでもいいかも!!健康第一!とか思い始めてる、私、24歳。


とりあえず、周りが不快にならない程度のお化粧はしてる。(すっぴんは周囲に不快感を与えると思われ)


髪、自分で切ったし。笑
以外とカットできるものだ!

物欲も殆どないから、服を増やすこともせず、あるもので十分満足。


美味しいもの食べてれば幸せ。


恋愛してれば、おしゃれとかのモチベーションが上がるだろうか…

綺麗になりたいとか、可愛くなりたいとか、芸能人の〇〇みたいになりたいとか、そういうのって疲れるな〜なんて思ってしまってる、私、24歳。

とはいうものの、おしゃれさんや、可愛い子ちゃんをみると、なんだか癒されてしまう。


そんな子が東京には沢山いますよ、お母さん。


みんな努力してるんだろーうさぎ。


だから可愛いーのだめ。

私は、とりあえずは、ます、男化しないように頑張ります!笑

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«レッスン